合同会社を作ろう(4) 履歴事項全部証明書

東大阪法務局

■法人番号指定通知書が届く
東大阪法務局へ定款などの設立書類を出し、4営業日の間に電話もなかったので無事に設立されたようです。と思っていたら1週間ほどすると法人番号指定通知書が郵送で届きました。マイナンバー制度で法人には法人番号がつくようになりました。これで無事に設立されたことが確認できました。

合同会社エムアイティエス(Mizutani IT Support)
法人番号 7122003001320

■東大阪法務局へ法人の印鑑登録にいく
東大阪法務局1階で前回、もらった印鑑カード交付申請書に法人の実印を押して提出すると5分ほどで印鑑カードがもらえます。印鑑カードは印鑑証明書を発行する時に必要となります。

2階窓口で履歴事項全部証明書の申込書を書いて4枚発行してもらいましたが、実際に必要だったのは2枚でした。税務署のホームページなどを見ると登記簿謄本がいると書いてあり、窓口で聞くと登記簿謄本は昔の言い方で今は履歴事項全部証明書に統一されているそうです。まぎらわしいですねえ。

2階の奥に印鑑証明書の発行機があったので、さっきもらった印鑑カードを差し込んで発行しました。と言っても機械から証明書は出てこず、窓口でもらいます。(笑)

【ここまでかかった費用】
印鑑 15,900円
印鑑登録証明書 300円
電子認証 5,000円
登録免許税 60,000円
証明書発行手数料 2,850円(600円×4通+450円×1通)
合計 84,050円

合同会社を作ろう(3) 登記

東大阪法務局

■出資金を振り込む
会社設立前なので法人口座がまだありません。そこで個人口座に出資金を振込ます。自分の名前で自分の口座に振込します。振込をしたらすぐに通帳の記帳をします。でないと後の取引明細が下に並びますので、なるべく早い方がよいでしょう。コピーするのは通帳の表紙、裏表紙、出資金の明細が書かれた3枚になります。

■法務局に出す書類を用意する
会社設立freeeでは提出書類の一式が出てきますので、これを印刷します。どう書類をセットするか、どこに印鑑を押すかは説明がありますので、その通りにします。

合同会社設立登記申請書
登録免許税納付用台紙
代表社員、本店所在地及び資本金決定書
就任承諾書
払込があったことを証する書面(通帳のコピー)
印鑑届出証明書
別紙(OCR)
CD-R(電子定款)

■法務局へ行く
郵送もできますが、河内永和駅近くにある東大阪法務局へ提出に行ってきました。登記するには登録免許税が必要で、「6万円または資本金の額の0.7%のうち高い方」となっています。 0.7%を超えるのは資本金860万円ぐらいですので、これ以下の資本金なら6万円になります。東大阪法務局の2階で印紙を売っていますので、6万円を買って、登録免許税納付用台紙に貼ります。提出先は1階の商業・法人登記の窓口になります。

窓口で書類一式とCD-Rを渡したら印鑑カード交付申請書をもらいました。登記が終わったら印鑑カード交付申請書を出せるそうで、提出書類に不備があれば電話するそうです。大体、4営業日後ぐらいまでには終わるそうです。

提出が終わったら近くにある東大阪税務署と年金事務所をまわって会社設立で出さないといけない書類一式をもらってきました。

【ここまでかかった費用】
印鑑 15,900円
印鑑登録証明書 300円
電子認証 5,000円
登録免許税 60,000円
合計 81,200円

合同会社を作ろう(2) 定款作成

freee

■印鑑登録証明書をとっておく
定款には代表社員の実印を押しますが、別途、印鑑登録証明書を添付しないといけません。また印鑑登録証明書に記載されている住所通りに記載しないと定款の修正になったりしますので、何はともあれ印鑑登録証書を取りに行きましょう。実印登録していない場合は役所へ行って登録から手続きしないと行けないので、相当の日数がかかります。印鑑登録証明書ですがマイナンバーカードを作っておけば、全国のコンビニで印鑑登録証明書を手に入れられますので便利ですねえ。(手数料300円)

■定款をつくる
以前はネットで定款を検索して書き換えたりしていましたがクラウド会計各社から便利なツールが無料で提供されています。私はfreeeが提供している会社設立freeeを使いましたが、他にもMFクラウド創業支援サービスや弥生のかんたん会社設立などがあります。

合同会社で決めないといけないのが
・商号
・会社の住所
・代表社員
・事業内容
・出資金
・決算期
・公告 官報にするのか電子公告にするのか 電子公告ならURL

だけで、これを会社設立freeeに入力すると定款が出来上がります。定款のチェックをしてほしいとネットで探すと東大阪公証役場で行っているということで連絡してFAXで送ったら、合同会社の場合はチェック不要だと返事が返ってきました。

会社設立freeeでは定款の電子認証を司法書士に依頼(5,000円)するか、もしくは紙で東大阪公証役場に出すか(印紙代4万円)の選択画面になります。電子認証すれば印紙代4万円は必要ありません。

自分で電子認証する手もあるのですが面倒そうなので司法書士に依頼しました。連絡して振り込むと司法書士が電子認証をしたPDFを送ってきますので、これをCDに焼きます。

【ここまでかかった費用】
印鑑 15,900円
印鑑登録証明書 300円
電子認証 5,000円
合計 21,200円

All About「企業のIT活用」15周年

企業のIT活用

2002年3月20日にスタートしたAll About「企業のIT活用」が15周年を迎えました。

当時はリクルートの社外ベンチャーだったのでRAJ(リクルート・アバウトドットコム・ジャパン)という名前でした。現在は大日本印刷、リクルートホールディングス、ヤフーが主要株主でジャスダックに上場する株式会社オールアバウトになっています。

15年間で書いた記事本数が384本。どっかのキューレーションサイトのようにコピーできないので、ひたすらオリジナルで書いております。(笑)現在は月1本程度しか書いていませんが、最初の数年間は月3本書いており、おまけにメルマガも毎週、出していました。これでだいぶ書く力が鍛えられましたね。

「本の書き方、作り方」、「知研関西30年の歩み」

知的生産の技術研究会・関西

昨夜は大阪産業創造館で知的生産の技術研究会・関西を開催。

去年、シリーズで行った出版セミナーの続きをしゃべれとのリクエストで「本の書き方、作り方」というテーマでセミナーを行いました。また、設立30周年を迎えるので、「知研関西30年の歩み」というテーマで歴史をふりかえりました。

でも世話役とスピーカーの両方をやるのは、やはりしんどいですええ(笑)

合同会社を作ろう(1) 商号調査

印鑑

仕事の一つとして原稿作成がありますが、昨年、大変だったのがマイナンバーの連絡。依頼する側も手間が大変でしょう。というわけで法人をつくることにしました。ただ設立費用がもったいないので作るのは合同会社です。

最初に行うのが類似商号の調査になります。

■類似商号の調査
同じ会社名が同一住所(ビルなど)にないか調査するのが類似商号調査です。義務ではないのですが、やっておいた方がよいでしょう。今の時代、事業を行う上でホームページが必須ですが、同じ商号の会社がどれぐらいあるか、つまり検索エンジンで競合となりそうな会社がどれぐらいあるか調べましょう。競合が多い場合は、会社名を変更した方が無難です。また大手企業と誤認しそうな名前は避けましょう。ディズニー・コンサルティングなんて会社名をつけたら絶対にディズニーから変更しないと訴えるよという通知が届きます。

また自分が考えている商号でドメインが空いているかどうかも重要です。ドメインの取得料金は安いので、商号を考えたらおさえておきましょう。商号の検索ですがオンライン登記情報検索サービスを利用した商号調査ができますが、マイナンバー制度で法人番号公表サイトができましたので、こちらで類似商号の調査が簡単にできます。

■印鑑を発注
会社名が決まったら印鑑を発注しましょう!印鑑は3点セットで角印には会社名が入ります。丸印が二つあり、一つが実印で合同会社の場合は真ん中は「代表社員」となります。もう一つが銀行印になります。柘を注文して15,900円でした。

大阪府中小企業診断協会 合同交流会

合同交流会

いつもはバラバラで開催している交流会(弐火会。産水会、いちもくさん)の合同交流会。3つの交流会から1人づつが発表。トップバッターは産水会の江口さんによるお茶の話です。

しっかり和服を着て力が入っているなと思ったら、この後にホテルでお茶の講師をしないといけないそうです。

校正おそるべし

バグは本当に虫だった

「校閲ガール」というドラマをテレビでやっていたようで、先日、隣の食事をしていた女性2人がドラマの話をしていて、”校閲って仕事があるんだねえ”と言うのを聞いて、思わずズッコケそうになりました。

さて、バグ本では校正を6回(ゲラでも校正したので正確には7回)やりましたが、誤字や表現の訂正だけではなく、原稿に書いた固有名詞、数値などが、あっているのかを調べて確認するのが校閲作業です。けっこうやったのですが、アマゾンレビューを見ると指摘がありました。

・PC-8001のN-BASICにはCIRCLE命令はありませんでした
・初代IBM PCはハードディスクを搭載していないので、C: ではなく A:でしょうか

ここらへんは思い込んで書いているので、漏れてしまいました。それにしても実によく読み込んでレビューしてくれる方がいるんですねえ。とってもありがたいです。

→ アマゾン「バグは本当に虫だった

スーパーのビールが高い

ビール

スーパーでモルツやエビスをよく買っているのですが最近、特売を見かけなくなりました。

”街の酒屋さんを守る国会議員の会”なるものがあって、去年5月に議員立法「酒類の製造や販売に関する取引基準を法制化する酒税法の改正案」が成立しました。改正法の施行は今年6月からということもあり、1月あたりからビールなどの店頭価格があがっています。今後は原価割れで販売した小売店に罰則が科されることになります。またメーカーも安売りの原資となるリベートの見直しをしています。というわけでスーパーの店頭価格があがっています。

趣旨はよく分かるので、かまわないのですが、もう少しいろいろなバリエーションのビールを置いてくれないかなあ。銀河高原ビールが飲みたいな~あ!なかなかスーパーには置いていません。