カテゴリー別アーカイブ: コラム・原稿執筆、マスコミ取材

バグ本の見本誌ができあがる

バグは本当に虫だった

「バグは本当に虫だった-なぜか勇気が湧いてくるパソコン・ネット「100年の夢」ヒストリー91話 」ですが印刷は東京の池袋にある印刷所が担当しています。

たまたま東京へ行った日の夕方に見本誌ができあがるということで、印刷所の人と指定されたアメリカ大使館前で待ち合わせ。ところが指定されたアメリカ大使館へ行くとテロ対策でものものしい雰囲気になっていました。たくさんの警察官がいます。

雪降るなか、じっとアメリカ大使館を眺めているので案の定、警察官に声をかけられました(笑)。「待ち合わせです!」と返事。ようやく見本誌を受け取って、そそくさと退散して宴会場へ。神田の宴会で知り合いにお披露目してきました。

→ バグは本当に虫だった

最終校正が終了

バグは本当に虫だった

印刷所からバグ本の刷り上がり原稿が到着。

これを綴じれば本となります。この製本前の印刷原稿で最終校正です。6回も校正したので、もう誤植など無いと思いながらチェックすると、あるんですねえ。(笑)

本では嵐山にある電電宮を紹介しています。電気、電子の神様なんでIT業界もよくお参りする神社です。境内には「不具合撲滅!バグ退散」、「システム安全運行」など、あきらかにIT業界の人間が書いた絵馬などがぶらさがっています。

『考えられるバグはつぶしたが、まだバグが残っているかもしれない。でも納期がせまっているなか、これ以上バグ探しをしている時間はない。人事は尽くしたので、あとは神様にすがるしかない。』ということでしょう。

というわけで最終校正という原稿のバグ取り作業が終り、あとは印刷所へ。もう神様にすがるしかないですね。

バグ本発刊まで 残り19日。

→ 『バグは本当に虫だった

ツカ見本

ツカ見本

本の厚さのことをツカといいますが、今日、出版社でツカ見本を見せてもらいました。

どれぐらいの本の厚さになるかを確認するために作るそうで、中身は何もない白紙です。また、見開いた時、どこらへんの文字がくるか確認するのにも使うそうです。

今回は原稿が375ページになっちゃいましたので、薄い紙を使っても、けっこうなツカになりました。何も書かれていなくても本の形になっていると、やはり重みがありますね。校正は最終段階にはいり2月21日の発売に向けてラストスパートになりました。

バグは本当に虫だった-なぜか勇気が湧いてくるパソコン・ネット「100年の夢」ヒストリー91話
アマゾンで予約販売中です!

電子メールの日

誰も教えてくれなかった中小企業のメール活用術

本日は1(いい)23(ふみ)の日ということで電子メールの日になっています。

便利な電子メールですが、スパムメールや標的型メール攻撃が増えておりますので、ご注意を!電子メールの使い方でお悩みでしたら「誰も教えてくれなかった中小企業のメール活用術 」をぜひ、どうぞ!(笑)

Kindle Unlimitesを申込まれている方は対象商品です。印刷版もあります。

バグ本(バグは本当に虫だった)が出ます 

バグは本当に虫だった なぜか勇気が湧いてくるパソコン・ネット「100 年の夢」ヒストリー91 話

バグ本が出ます!

正式名称は『バグは本当に虫だった なぜか勇気が湧いてくるパソコン・ネット「100 年の夢」ヒストリー91 話』です。
発行:ペンコム 発売:インプレス 1,944円
発売日:2月21日

長いのでバグ本と読んでいます。山城巡りのシーズンだというのに年末からずっと家にこもって校正作業をしておりました。(笑)

パソコンやネットの歴史なんですが、あまり知られていない逸話を中心に取り上げていて、文系の方向けに分かりやすく書いています。

電子版も同日発売します。

→ アマゾンで予約販売を開始しました!

監視カメラが攻撃する

ジョーシス

■Iotは”ものづくり補助金”の上限がアップ
「革新的ものづくり・商業・サービス開発支援補助金」が募集中で来年1月17日が締切です。

基本は設備投資に対する補助金で、補助金を呼び水に設備投資を増やし、景気浮揚を狙っています。通常は上限1,000万円の補助金ですが、第四次産業革命型というのがあって3,000万円の補助金上限になっています。

第四次産業革命型って何かというと、今、流行のIot.。つまりモノのインターネットです。自動運転などで注目を集めているコネクテッドカーはまさにIoTです。身近なところでいくと駐車場の監視カメラもネット接続していますのでIoTです。

■監視カメラもウイルスにやられている
カメラという言葉のせいか、安直に考えるユーザーが多いのですがネットにつながるということは情報機器で中身はコンピュータです。当然、ウイルス感染はするし、あやつられます。実際、今年10月には多数の防犯カメラなどからアメリカのサービス会社に大規模な分散型サービス妨害が行われています。

ジョーシスというサイトに連載しているセキュリティに関する記事です。

→ 監視カメラが攻撃をする?

「誰も教えてくれなかった中小企業のメール活用術」正規料金に

誰も教えてくれなかった中小企業のメール活用術
月額980円で登録されている本が読む放題になるというアマゾンのKindle Unlimitedサービス。想定以上の利用となり出版社への支払に耐えられなくなったアマゾンが人気があった漫画や写真集などをラインアップから外し始めました。
 
ということで「誰も教えてくれなかった中小企業のメール活用術 」を見たら、Kindle Unlimitedサービスからはずれていました。人気があったというわけではなく、出版社とアマゾンとの大人の話し合いの結果でしょう。ということで正規料金に戻りました。(笑)
 

うっかり会社の秘密、漏らしていませんか?

ジョーシス

ジョーシスというサイトで新人向け実戦情報セキュリティ講座というのを連載しています。新入社員向けに平易に書いたセキュリティシリーズで最新版が「うっかり会社の秘密、漏らしていませんか?」です。

「トレードシークレット」という言葉があり、トレードシークレットとは企業秘密として管理している営業・技術上の情報やノウハウのことです。秘密を守らずトレードシークレットを開示すると「不正開示行為」となり不正競争防止法違反となります。

酒屋などでいい気になって会社の話をしていると思わぬトラブルに!ぜひ、お読みください。

→ うっかり会社の秘密、漏らしていませんか?

「誰も教えてくれなかった中小企業のメール活用術」がKindle Unlimitedで読み放題に

誰も教えてくれなかった中小企業のメール活用術

AmazonのKindle Unlimited(月額980円で対象の電子書籍を制限なしで読めるサービス)が昨日(8月3日)からスタートしましたが、昨年12月に出したメール本がしっかり対象になっていました。(笑)

出版社への支払は読んだ枚数なんだそうで、Kindleにダウンロードしてからオフラインで読んだ時なんかはどういう扱いになるんだろう。いずれにしてもKindle Unlimitedサービスを申し込んだ方、無料ですので、ぜひお読みうださい!!

→ 「誰も教えてくれなかった中小企業のメール活用術」(インプレスR&D)

 

不正侵入にはリアルもネットもある

ジョーシス

ジョーシス(情シス)というサイトに【新人向け実践情報セキュリティ講座】というのを毎月、連載させてもらっているのですが最新版(第四回目)が公開されました。

「不正侵入にはリアルもネットもある」ということでソーシャル・エンジニアリング(人間の心理をついて秘密情報などを得ること)をテーマにしています。新人IT担当者向けなので平易に書いています。
→ 不正侵入にはリアルもネットもある