カテゴリー別アーカイブ: 三重県産業支援センター

プラスITフェア

プラスITフェア

IT導入補助金の募集がはじまっていますが、全国の経済産業局単位のブロックでプラスITフェアが開催されています。

本日は、中部ブロックのプラスITフェアで、ウィンクあいち6階で開催されています。三重県よろず支援拠点もブースを出しており愛知県よろず支援拠点の隣りです。

事前参加申込が700社を超えていると事務局から発表がありましたが、夕方になっても、すごい来場者数ですね。

主催者によると既に開催した所と比べても中部の集客はすごいそうです。入口近くにあるIPAのブースでは用意したパンフレットが昼過ぎになくなったようです。おかげで”よろず支援拠点”への相談も多いです。

リーディング産業展

四日市ドーム

■いちもくさん
昨夜は大阪府中小企業診断協会・交流会「いちもくさん」の例会。発表は燃料電池についてお話しいただきました。

例会が終わってからは毎度おなじみ中華「香」に移動して懇親会。食べ放題、飲み放題3,080円のお店なんで昨夜も一杯でした。そうそうに忘年会も予約してきましたが、よく考えたら翌日に人間ドッグの予約をしたんで、私は参加できない。(泣)

■リーディング産業展へ
朝、眠い目をこすりながら四日市へ移動。今日と明日は四日市ドームでリーディング産業展が開催されています。四日市ドーム入口にデーンと水素ステーションが置かれていました。トラックに積み込んでいますので移動できるようになっていて三重県内には2ケ所設置されるそうです。燃料電池車に水素を提供するのですが、価格は2億円だそうです。

昨日の発表で本町に設置された水素ステーション(ガソリンスタンドのようなもの)が5億円だそうですので、それよりは安いのですが高いですね。電気自動車、燃料電池車のどちらが本命になるのか難しいところですね。

Facebook活用セミナー

コワーキングカフェCC
三重県庁近くにあるコワーキングカフェCCで「Facebook活用セミナー」を開催。
 
先週開催した「集客できるホームページをつくろう」の続編です。Facebook活用といいながら操作方法の説明ではなく自社の販路開拓への応用方法などがテーマです。
 
またFacebookだけではなくマルチメディアで考える必要があることも説明しました。今回も4名で1チームになってワークを行いながらのセミナーでした。

集客できるホームページを作ろう

Coworking Cafe CC

三重県産業支援センターから徒歩3分ぐらいのところにあるCoworking Cafe CCの会場を借りて三重県よろず支援拠点のセミナーを開催。

2回シリーズで本日は「集客できるホームページを作ろう」です。90分のセミナーで2回、ワークをいれましたので、ちょっとバタバタでしたが時間通りに終了。終わってからは個別相談に対応をしておりました。スマホ対応ができていないサイトも多く、対応策などをアドバイスしておりました。

会場はなかなかきれいなコワーキングスペースで、津にもこんなオシャレな施設ができたんですね。セミナーは15名定員で、ゆったりやろうという予定でしたが、申込が相次いだので、結局18名の参加となり、少々狭い会場になってしまいました。

三重県産業支援センター 忘年会

陶陶

三重県産業支援センター・親睦会の忘年会。

場所は津駅から10分ほど歩いたサティの近くにある陶陶という中華料理のお店。なんせ人員が多いので場所を探すのが大変で、今日もお店がほぼ貸切でした。主催は親睦会ですが毎月、謝金から引かれていますので出ないと損(笑)。12月は3日しか三重県産業支援センターに出ないのですが、たまたま当たってラッキーでした。

三重県産業支援センターも県や金融機関からの出向やら国のプロジェクトやらで人員は入れ替わりになっています。ですので半分ぐらいは顔は見知っていても知らない人ばかり。今日も隣に座った人に自己紹介からはじめました。「水谷さんって、ほとんどいませんな」と言われてしまいました。そら机が荷物置き場になるはずです。

4支援機関合同連絡会議

浩養園

今回で28回目となる4支援機関合同連絡会議です。

愛知産業振興機構、岐阜県産業経済振興センター、三重県産業支援センター、名古屋産業振興公社の4機関のマネージャーなどが集まって情報交換しています。毎年2回開催で、幹事は持ち回りでやっており、今回は名古屋市が担当。

少し早い目に行って、古巣だった名古屋市新事業支援センター(3月末までマネージャーをやっていました)をのぞいて、支援センターの車で会場まで同乗させてもらいました。ラッキー。会場は名古屋医工連携インキュベータ(NALIC)です。

終わってから、会場のすぐ近くにある名古屋ビール園「浩養園」で交流会。醸造所が併設されているのでビールがおいしいですねえ。ただ最寄駅から遠く、地下鉄・吹上駅まで歩いて近鉄で津まで帰ってきましたが、やっぱり遠いですね。

いなべ市へ

いなべ市商工会

いなべ市の企業からIT相談があるということで出かけてきました。

まずは大阪から近鉄四日市駅へ。迎えにきていた三重県産業支援センターの車に乗せてもらって、いなべ市へ。四日市から「いなべ市」まで車で1時間はかかります。

いなべ市は三重県の一番北にあり、隣は岐阜県。平成の大合併で員弁町、北勢町、大安町、藤原町が合併できた市です。

先日、捕まえたクマを逃がして隣の滋賀県に行ったのではと大騒ぎになったのが「いなべ市」。山深いところですが、関ヶ原や近江へ抜ける幹線道路も多いので、車が行き交っています。ちょうど東海環状自動車道の工事をしていて、トラックも多いです。

関ヶ原の合戦で島津が家康の本陣前を突っ切って退却する、いわゆる島津の退き口で島津義弘主従が通った道でもあります。

「いなべ市商工会」に寄って商工会の車に乗り換えて経営指導員と企業さんへ行ってきました。大阪から遠かった!

4支援機関合同連絡会議

4支援機関合同連絡会議

あいち産業振興機構、三重県産業支援センター、岐阜県産業経済振興センター、名古屋市新事業支援センターの4支援機関が集まって、年2回、会議をしております。

今回は岐阜県産業経済振興センターが幹事。岐阜では、いつも西岐阜駅からコミュニティバスみたいなのに乗っていかないといけない県庁横の岐阜県産業経済振興センターでやっているんですが、今日はソフトピアジャパンが会場。大垣駅からバスに乗っていかない点は同じです。

ソフトピアジャパンは岐阜県が作ったITの拠点で、何回か来たことがあるんですが、この中に大学院大学があるって、はじめて知りました。IAMAS(情報科学芸術大学院大学)で、定員20名で2学年あわせてわずか40名。日本で2番目に小さな大学なんだそうです。教員は19名。学部生はいませんので、どこかの大学を卒業して修士で入学します。吉田学長に学内を案内していただきましたが、なかなか贅沢な環境でフォボラボ(3Dプリンターなど)も完備されていました。卒業生は各界で活躍されています。

終わってから大学の建物の2階である居酒屋で宴会。さあ、大垣から米原経由で大阪へ戻ります。

異動シーズンが到来

三重県庁
官公庁などでは年度末を迎え、異動シーズンです。

昨日は名古屋市新事業支援センターの母体である名古屋産業振興公社と横にある名古屋市小規模事業金融公社で異動の発表、いわゆる内示です。名古屋市新事業支援センターには専門員として名古屋市小規模事業金融公社から3名が出向していますが、そのうち2名が入れ替わることになりました。

今日は、三重県産業支援センターで異動の発表。三重県職員は先週の金曜日にあったそうです。職員も大変だなと思ったら、コーディネータも皆、個別に内示するということで、呼ばれましたが1分ほどで終了。4月からは新しくできる総合相談課に所属ということでした。まあ、やることは変わらないし、報告書を出す先が変るだけです。

異動といっても三重県産業支援センターの場合は津と塩浜しか拠点がありませんので、物理的な移動はほとんどありません。これが三重県職員ですと、熊野やら伊賀やら、各県民局への異動もあります。一番、大変なのは銀行職員で隣県の支店へ配属されることもあり、しかも内示は30日で、すぐ異動しないといけないそうです。

3月だというのに雪

紀勢道路
奈良のお水取りも始まったし、先週は暖かかったので、そろそろコートをクリーニングに出そうかと思ったら、今日は雪。

三重県産業支援センターで窓口相談が1件終わった後、紀伊長島の企業へ相談に行ってくれと言われていたので支援センターの車に同乗して出発。津は少し雪がちらつく程度で晴れ間も出ていましたが、津から松阪から尾鷲方面に南下するに従って吹雪のような状態に。

奥伊勢パーキングエリアで昼飯を食べていたら、ますます雪がひどくなり、なんで「南に行くのに雪が降るの!」とぼやきながら進んでいくと紀伊長島は晴れていました。

相談の帰り道、また三瀬谷あたりから雪がひどくなり、3月だというのに銀世界を楽しめました。これはラッキー。気温がもう少し低かったら雪で道路が凍結し、紀勢道路は通行止めになるところでした。