カテゴリー別アーカイブ: IT業界や検索エンジンの話題

パンチカード

パンチカード

2008年にITコーディネータのケース研修講師を担当していましたが、その時の受講生を中心に組織されたのがITC維新会。

年に何回か研修会を実施していて33回目となり久しぶりに参加してきました。人工知能やIoTなど最新のキーワードの話で面白かったですね。終わってからは谷四にあるスペインバルに会場を移して交流会。結局、5時間ちかく飲んでいました。(笑)

交流会で配られたのがパンチカード。会社の倉庫から出てきたそうで、懐かしいですねえ。昔はコーディングシートにプログラムを書き、パンチャーに渡すとパンチカードに穴を開けて納品されてきます。これを入力装置から読みとり、プログラムをコンピュータに入れていました。

昔も今も字が汚いのでコーディングシートに書いた文字をパンチャーが読み取れず、パンチカードを読み取ってコンパイルするとエラーだらけで、せっせと直したものです。オンラインでプログラムを入力できるようになり、字が汚いものにとっては恩恵でした。

ZIPという記憶媒体

ZIP

J-Motto経営コラムというのを長年、連載していて、今月の原稿タイトルは「世界最初のハードディスクはわずか5Mだった」。

昨日、仕上げて送りました。ハードディスクにまつわる逸話なんですが、皆さんZIPって覚えていますか?

写真などを圧縮して送るZIPファイルではなく、フロッピーのように扱える記憶媒体です。1枚のメディアに100Mバイトが格納できましたし外付けハードディスクが高い時代でしたので、けっこう重宝しました。通信料金が高く、郵便を使ってフロッピーで送るとなると何枚にもなる時に相手がZIPを持っていたらメディア1枚送るだけでよかったので便利でしたねえ。今は昔の話です。

Facebook ターゲット広告

Facebookの収益モデルといえば広告収入。広告主は趣味・関心などの属性を選んで広告をうつことができます。不特定多数向けのマス広告ではないので、広告主にとっても広告効果があがります。

最近、自分のタイムラインに出てくる広告が

■現役エンジニアによるプログラミング家庭教師
今さらシステムの仕事なんか、やだ~あ!!

■古物商許可を取るまでの5つのステップ
古本屋をやれということかなあ。昔、三味線をひきながら店番をしている古本屋があって、本に囲まれ気楽な商売で、いいな~あ!と開業を考えたことがあります。ところが志多三郎の名著「街の古本屋入門」を読むと、いかに仕入れるかが勝負で、たぶん三味線をひいていた古本屋も、店番に店をまかせて店主は仕入でかけずりまわっていたのでしょうね。

ということでターゲットには全然、広告があっていませんね。Facebook大丈夫かいな(笑)

囲碁とAI

囲碁とAI

2016年、Googleが開発した囲碁AIの「アルファ碁(AlphaGo)」が、世界トップ棋士である韓国のイ・セドルに勝ったというニュースが世界中を駆け巡りました。

オンライン大学講座Gaccoを見ていたら「囲碁とAI」という講座があり、さっそく受講。他の講座は4週パターンですが、この講座は記念講座ということで1回きりです。今、ちょうど開催しています。講座では囲碁やAIの歴史やAI囲碁の仕組みなどが学べます。

大阪で3月にワールド碁チャンピオンシップ(優勝3,000万円)が開催されるそうで、日中韓トップ棋士チーム以外に囲碁AI 「DeepZenGo」が参戦して、4者で戦うというなかなか面白い大会です。

「囲碁とAI」講座を受講して確認テストまで受けると対局解説会場入場チケットを抽選でプレゼントされるというアナウンスがありました。でも日付をみると仕事が入っていて断念。とにかく講座が面白そうだったので受講はしました。

セキュリティ&IoT

インテックス大阪

久しぶりにコスモスクエアへ出て、インテックス大阪へ行ってきました。

3日間、セキュリティとIoTなどの展示会が開催されており、本日が最終日です。All Aboutやジョーシスでセキュリティ関連の記事を書いていますので、そのネタ探しです(笑)。

なかなか面白い展示がありました。
■WP Guard(フィードティーラ)
大石さんのところの新しいサービスで、ワードプレスへの攻撃が多く改ざんされているホームページなどが多いのですが、サイトを静的化することで攻撃を無効化してしまいます。これ、なかなかいいですねえ。

■Napoleon(J-wire 浜松の会社)
アマゾンで出品しようとした時に値付けをどうするか悩みます。同じ商品で販売されているのが、どんな価格帯なのかなど、いろいろと分析できるツールです。

■juicer(Plan-B)
Googleアナリティクスって、けっこう見にくいのですが、それを分かりやすく表示してくれるツールです。しかも無料。

バタバタのIT導入補助金

昨日はITC三重の定例会を三重県産業支援センターの会議室で開催。三重県警のサイバー犯罪対策課から新しくはじまるサイバー犯罪対処能力向上事業などを紹介いただきました。

■IT導入補助金
そんななか話題にあがったのがIT導入補助金。IT導入支援事業者向け説明会が1月10日にあり、締切が17日、開始が21日でバタバタ状態でのスタートでした。ですので知り合いなどから情報を聞いたITベンダーしか初回の登録に間に合いませんでした。今も募集中で、とりあえず会社は登録したけどITツールはまだ登録できていないところもたくさんあります。

現在、募集中ですが、中部地域では4月12日にウィンクあいちでITツールの展示会開催が予定されており、2次募集ありきで動いています。

■ITベンダーに売上や粗利を報告しないといけない
応募書類は中小企業ではなくIT導入支援事業者(ITベンダー)が出すことになっていますが、一番の問題はIT導入支援事業者(ITベンダー)に売上や粗利を出さないといけなく心理的抵抗から、スキームにムリがある補助金となっている。しかも4年間の報告義務があるので、毎年、ITベンダーから会社の経営状況を聞かれることになります。TKCのように会計事務所なら問題はないですが、なんでこんな変な制度設計にしたんですかねえ。

IT導入支援事業者から営業をうけていない中小企業者は自分でITツールを探さないといけませんが、これがうまく探せないサイトになっています。ITベンダーの名前が分かっていないと探せません。(笑)IT導入で効率化を目指す補助金のサイトが一番、効率化にほど遠いという反面教師になっています。

サービス労働生産性とは

Gacco

オンライン無料大学講座Gaccoで「宿泊、運輸、小売等の先進事例によるサービス労働生産性とは」という講座が始まっています。提供は観光庁で今、2週目です。

人口減少により募集しても人材が集まりませんから、ホテルなどでは、いかに労働生産性を高めるかがテーマになっています。ただし顧客満足度を落すわけにはいきませんから、工夫が必要です。温泉旅館やホテルなどバックヤードでの工夫がビデオで見られ、舞台裏が楽しめます。

Gaccoは基本的に小テストなどがあり、「インターネット」はオンライン講座受講するだけでは解けない問題が出てきたり、「日本中世の自由と平等」は最後にけっこうハードなレポート提出がありましたが、この講座は珍しく小テストもない講座になっていて、気楽に受講しています。

9月28日はパソコンの日

パソコン

9月26日はワープロの日でしたが、本日はパソコンの日です。今から38年前の今日、初めて「パーソナルコンピュータ」と名乗りったPC8001が日本電気 (NEC)から発売されます。

当時のコンピュータといえばマイコンの時代です。ボード(基盤)がむき出しで、ユーザーが自分で組み立てないといけない、まだまだホービーが中心でした。そんななか筐体に入った形で売られたのがPC8001です。ビジネスで使えそうだと初めて感じさせたパソコンでした。

ただし当初の企画では発売されたPC8001と全然違った形をしていました。マイコン全盛の時代で、日本電気の開発陣はどうしてもマイコンを発展させた形で考えていました。そこでPC8001の試作機を作り、マニアを集めて見てもらうことにしました。

■マニアがPC8001を完成
日本電気のお歴々の前に長髪でジーンズ姿のマニアが集まり、「ここはこうした方がよい」、「これは止めて、こうしたら」と色々な意見が出ました。例えばキーボードの現在テンキーがおかれている場所には試作機では16進数のキーボードが置かれていました。(0~9 A~Fのキーが並びます。)マニアからは仕事で使うなら計算はテンキーの方がよいと意見が出て、テンキーボードに変更されます。

また試作機はかなりどぎつい配色で本体やキーボードはクリーム色、文字が赤色でした。これをオフイスになじむように渋めの茶系の配色にしました。

マニアの意見を採用して改良され発売されましたが、これが大ヒットに。価格は168,000円で外国製パソコンに比べてかなり安く、1983年に生産終了するまで25万台を売りつくしました。

9月26日はワープロの日

ワープロ

9月26日はワープロの日。

日本最初の日本語ワープロ機が1978年9月26日に発売されました。発売したのは東芝で、JW-10という名前。価格はなんと630万円もしました。正確にはその前年、1977年5月のビジネスショーでシャープが日本語ワープロ機を発表しましたが、これは参考出品でした。

その後、いろいろなメーカーからワープロが発売され、値段が下がっていきビジネスマンでも手が届くようになります。そして私が買ったのがカシオワードHW-300といワープロ。B5サイズで鞄にそのまま入り、プリンタ一体型でした。ただ表示は2行だけでしたので、これでA4の文章を作成するのは、なかなか大変でしたが、コンパクトなところがよかったですね。よく知的生産の技術研究会・関西のセミナー案内などを作っていました。

その後に買ったのがオアシスポケット3。これまたコンパクトで単3電池で動きますので海外に行った時にはアオポケに携帯モデムをつないでNifty-Serveにアクセスしていました。

パソコンのワープロを使う時代となり、ワープロ専用機はなくなっていきましたが、ポメラのヒットもあり、根強いニーズがありそうです。

ジャータカ

gacco

イソップ物語や今昔物語集など各地の文学に影響を与えたのは何でしょうか?

答えはジャータカ。

じゃあジャータカって何だ、という話になりますが、ブッダの前世を説く547の物語です。無料オンライン大学講座gaccoで上智大学が提供している「アンコールワット研究」が提供され3週目を受講していますが、仏教美術でこのジャータカが出てきました。偉大なブッダを強調するに従い、現世の修行だけでなく、過去の修行や善行によって偉大なブッダになったという考え方が出るようになりました。そして生まれたのがジャータカで、もともとはガンジス河流域に伝えられた教訓的寓話だそうです。