月別アーカイブ: 2011年11月

亀山みそ焼きうどん

kameyama201111.jpg午後は亀山の企業へ。鈴鹿が本社なんですが亀山にも事業所があり、亀山での相談でした。

昼食は亀山みそ焼きうどん。長年、三重に住んでいますが、そんな料理が亀山にあるとは知りませんした。昨今のB級グルメで脚光を浴びています。

亀山市役所近くの鮨屋京屋で亀山みそ焼きうどんを注文。単品もあるのですがご飯と赤だしのセットを頼みました。つまり関西では普通の焼きうどん定
食です。出てきた亀山みそ焼きうどんを見ると、焼きそばのような感じでソバではなくウドンになっているだけです。上に半熟玉子がのっていて、それをつぶし
て食べます。食べるとソース味ではなく味噌味!辛くなくけっこう甘いですね。これなら子供にも任期です。

亀山は東海道のど真ん中で、もともとはトラックの運転手さん向けに開発されたメニューだそうです。市内27店舗で食べられます。

今年最初の忘年会

kuromon201111.jpg今年最初の忘年会。中小企業診断士仲間で作っているファイティング・コンサルタンツ研究会で開催しました。

12月はなにかと忙しくなるので、早めに忘年会を開催。昨日、15時に日本橋の黒門市場に集合。ここは大阪の台所で、年末になると師走の買い物風
景でよくテレビに映っています。

東京で言えばアメ横ですね。ここに寿恵廣という鮨屋があり、いつもここの2階で忘年会を開催しています。

黒門市場からネタを仕入れているので新鮮でいいですねえ。毎年恒例のブリシャブや寿司などをいただきました。3時間ほどで終了。

アマゾン特別講座

mie201111.jpgアマゾン特別講座に参加してきました。場所は堺筋本町にある大阪産業創造館です。

主催はOSMCというネットショップの勉強会。オープンセミナーになっていて参加自由。アマゾンの最新の話が聞けるということで参加してきまし
た。アマゾンの現状のフルフィルメント(アマゾンに在庫を預けてアマゾンに配送してもらうシステム)などいろいろな話が聞けました。

アマゾンの倉庫を画面で見せてもらいましたが、すごい広大です。出荷リストが次々にプリンターから出力され、このプリンターが10台並んでいるそうです。アマゾンの倉庫は全国に6つあり大阪には大東市と堺市にあります。

アマゾンでは地域産品に力をいれていて県ごとに物産展をやっていました。今までに18都道府県で実施したそうです。これは知らなかったなあ。

ちょうど三重県では今週22日(火)から12月26日(月)まで楽天市場で「ええやんか!うまいやんか!すごいやんか!三重の逸品展」を開催しております。いろいろな商品がありますので皆さん、ぜひどうぞ!

http://event.rakuten.co.jp/area/mie/sale/

物集女(もずめ)城

mozume201111.jpg午前中は向日市で仕事。

午後から向日市をウロウロ。結局、有名な竹の径から戦国時代の城、物集女城まで行ってきました。竹の径は竹林を切り開いた道で、ずっと竹林が続くのは見事でした。ただ舗装ではなく土の道ならもっと風情があるんですが、農道目的なので無理でしょうね。

物集女は「もずめ」と呼び、古い土地です。少し前に「京都乙訓・西岡の戦国時代と物集女城」(文理閣)という本を読んだのですが、室町時代から戦
国にかけて村を統括する土豪が作った城がこの地域にたくさんあり、その一つです。室町幕府の配下で意気盛んでしたが信長の進出で細川藤孝が支配することに
なり、物集女城の主であった物集女氏は勝竜寺で殺されてしまいました。

城跡は住宅地の真ん中にあるのですが主郭は畑の形で残っています。周りには土塁と堀の一部が残っていて、よく現代まで残りましたね。近くに物集女公民館があり、係員に声をかけると復元模型がありますと案内してもらえ、パンフレットをもらいました。

ちょっと離れたところに寺戸城跡がありましたが、こちらは遺構は残っておらず児童公園に碑がたっていました。古城という字が残っているそうです。

四支援機関連係促進会議

nagoya201111.jpg名古屋の六番町にある名古屋市工業研究所で四支援機関連係促進会議に参加してきました。

四支援機関というのは、あいち産業振興機構、岐阜県産業経済振興センター、三重県産業支援センター、名古屋市新事業支援センターで、東海3県&名古屋市の中小企業支援センターのマネージャーが集まって定期的に情報交換しています。

三重県産業支援センターからは3名参加の予定が、皆さん都合が悪くなって私一人で参加しておりました。今回が20回目で、第一回目から参加しているのは私と名古屋市新事業支援センターの荻須マネージャーだけになってしまいました。

もともとは、あいち産業振興機構の神戸プロジェクトマネージャーが皆さんに呼びかけて始まった会議です。どの支援センターでも相談業務や専門家派遣を行なっていますが、けっこう各支援センターでやり方が違っていて、なかなか勉強になります。

会議が終わってからは名古屋駅前に移動して百楽で懇親会。紹興酒などを飲みながら歓談。近鉄特急で東大阪へ戻ってきました。遠かった!
名古屋は午後から小雨でした。

地元でも知られていない河内寺(東大阪)

河内寺

大阪市内から東大阪に移り住んで20年。住んでいる一体は枚岡ですが、もう少しせばめると額田という土地です。渡来人の古代豪族、額田首が住んでいたあたりで額田王はこのあたりの出身ではと言われています。

少し北へ行くと日下(くさか)があり、昔はここまで河内湖になっていて楯津という港がありました。神武天皇が奈良へ攻めいって長髄彦(ながすねひこ)に敗退し、日に向かって攻撃したから負けたんだとと言って熊野へ回り込みます。

河内寺

南北朝の戦いでは四條畷の合戦がありましたが、楠木正行(正成の子供)の本陣がおかれていたあたりになります。大坂・夏の陣では家康の本陣がおかれていました。今は公園になっていて牌だけが建っています。

そんな歴史深い土地なんですが、こないだ郷土の歴史をいろいろと見ていたら、すぐ近くに河内寺という寺院があったそうです。飛鳥時代後半に創建さ
れた古代寺院で、古代の河内を支配した一族河内連(むらじ)の氏寺です。四天王寺形式で塔や金堂が建ち並び、回廊がめぐっていました。鎌倉時代まで残って
いましたが、どうも土石流で埋もれてしまったようです。水害があったんでしょうね。2008年に国史跡に指定されていますが、地元でもほとんど知られてい
ない幻の寺なんだそうです。

いやあ、20年間ほど住んでいますが、そんな寺があったとは全然知りませんでした。天智天皇のとき、河内直鯨(かわちのあたい・くじら)が、遣唐使として派遣されています。

お酒のストックがなくなったので地酒屋さんに行く途中に河内寺跡に寄ってきました。場所は瓢箪山駅を出た近鉄電車が生駒山(奈良)へ向かって坂を
登りながら左へカーブするところです。一体は埋め戻されてフェンスに囲まれた空き地になっていました。河内寺跡などの看板はどこにもなく、そら地元の人間
でも分かりませんは!なにもない空き地で写真を撮っていたら、絶対に不動屋さんの間違えられますなあ。

ワインの樽

taru201111.jpg今日はボジョレー・ヌーヴォーの解禁日。今頃、家にはボトルが届いているはずですが明日まで津なので土曜日までお預け。

昔、よくワインパーティをやっていて、ボジョレー・ヌーヴォーの日も知り合いの家に集まってワインパーティなどをやっていました。当時は独身で気
楽なものでしたので、先輩がいきなり送ってきたのがボジョレー・ヌーヴォーの樽。パーティの日に会場まで持ってこいというお達しつきでした。

樽についていた説明書を読むと、ワインはデリケートなものなので湿気などを保つよう毎日、樽をぞうきんで拭くこととありました。...毎日!

当時はシステムエンジニアでしたので、終電で帰ることもしばしば。毎日、帰ったらまずは樽を拭いておりました。パーティの日はバックパックに樽をくくりつけて電車で持っていきましたが、かなり奇異な目で見られましたね(笑)

いしきりんの日

isikiri201111.jpg家の近くに石切さんがあります。

正式名称は石切劔箭神社(いしきりつるぎやじんじゃ)で、剣の文字が入っていることからデンボ(オデキ)の神様として有名です。平日でも境内でお百度を踏んでいる人が多く、今日は日曜ということもあり50人ほどがグルグルお百度を踏んでいました。

石切神社の祭神は饒速日尊(にぎはやひのみこと)。神武天皇よりも先にヤマトに降臨し、神武天皇を迎え入れた神様で日本書紀や古事記に登場しまISIKIRI2011111.jpgす。物部氏の先祖にあたります。東大阪、八尾の河内は古くから物部氏の拠点になっていて八尾には物部守屋の墓もあります。

石切さんから近鉄石切駅に向かって細い上り道の参道になっていて商店街になっています。たこ焼き屋やら八百屋などいろいろあるのですが、多いのが占いの館。陰陽道占いからタロット占いまで何でもあります。中には1ケ所に10ほどの占いコーナーが集まった一角もあります。

参道を歩いていると修験道の行者が法螺貝を吹いていました。なかなかディープなパワスポットです。この商店街のゆるキャラが「いしきりん」。金~日は「いしきりんの日」だということで参道を歩いていないかなと出かけてきました。

他のゆるキャラが応援に来ていて参道を歩いていたのが「えべっちゃん」〔兵庫県三田市)、「たいしくん」(大阪府太子町)、「キララちゃん」(京
都府京田辺市)、「やちにゃん」(滋賀県・彦根市)でお目当ての「いしきりん」はいませんでした。しょうがないので焼き鳥とビールを飲んで帰ってきまし
た。

織田信長が切り取った蘭奢待

syousou2011112.jpg正倉院展へ行ってきました。

土曜日の昼中はとんでもなく混雑していますので、閉館1時間半前から入れるオータムレイトチケット(割引チケット)を買って入館しました。

すっかり日が暮れた興福寺と春日神社の参道を通って奈良国立博物館前へ。少し切符売り場で並んでオータムレイトチケットを買い博物館入口へ。列は100メートルほどで、すんなり入れました。中はまだ混雑していましたが終了30分前になるとガラガラです。

入口近くにあった蘭奢待をじっくり見ておりました。蘭奢待とは香木で正倉院に伝わっています。蘭奢待の文字の中に”東・大・寺”が入っています。
この香木、天下を取った権力者が切り取ることで有名です。蘭奢待には3つの白い紙が貼られていて、足利義政、織田信長、明治天皇が切り取ったあとと書かれ
ていました。明治天皇まで切り取っていたんですね。しかも織田信長よりも大きく切り取っています。

以前、新聞に東大寺の大仏足元から明治時代に見つかった刀が1250年間行方不明だった宝剣「陽宝剣」「陰宝剣」とエックス線調査で分かったと報
道されましたが、光明皇后が献納したもので刀の名前が印された国家珍宝帳も出展されていました。いつもに比べると古文書の出展が少なかったですね、天平時
代の欠勤願いなど楽しみにしていたんですが。

写真は猿沢の池から見た夕焼けです。

四日市陣屋・伊勢暴動

四日市陣屋

今日の午後は四日市商工会議所で窓口相談

昼休みに近くにある四日市陣屋を見てきました。といっても小学校跡になっていて説明板があるだけで何も残っていません。四日市は徳川藩の天領で、天領を管理するために作られたのが陣屋です。

陣屋は東海道のすぐ近くにあります。初代代官は水谷光勝で、1600年に任じられていますので関ヶ原の合戦の年ですね。陣屋ができたのは3年後です。周囲には堀が掘られ土塁が築かれていました。

明治維新後は一時期、三重県庁がおかれていましたが明治9年の伊勢暴動で焼きうちにあい焼失してしまいました。伊勢暴動とは財政の安定を図るために明治政府が行った地租改正事業で、土地に対して3%増税になる施策です。

米価が下がって大変だった農民が何とかしてほしいと嘆願書を県の役人に出しましたが、無視。善後策をねろうと農民が集まり、結局これが暴動へ発展して三重県中にひろがり、軍隊が出動する事態になりました。この騒ぎの影響もあり税率は3%から2.5%へ下げられました。

四日市は楠町と合併して30万人都市になりましたので事業所税があらたに各事業所に発生します。三重県では初めての事態です。合併特例で5年間の猶予がありますが、これがいよいよ切れますので増税になります。

「なんで四日市は合併なんかしたんや!」という四日市の事業者の声をよく聞くようになりましたが、また伊勢暴動が起きなければよいのですが