正倉院展 糞置村

正倉院展

昨日は神戸から奈良へ移動して、正倉院展へ。

いつもようにオータムレイト(閉館1時間前から発売で割引になる)で入館。この時間帯になると誰も並んでおらず、展示物もゆっくり見られます。

「東大寺開田地図 越前国足羽郡糞置村田図」という麻布に描いた地図が出展されていました。天平神護2年(766)作成の地図だそうです。山などが書かれ、そこに条里制の区画がぎっしり書かれていました。近くに戸籍も展示されていて、これが越前国足羽郡のもので地図で書かれたものと一致しているそうです。

それはよいのですが、なんで糞置村なんて名前をつけたんですかねえ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です