池田恒利の屋敷跡

小城町

池田恒利といえば池田恒興のお父さんです。

池田恒興は織田信長の乳兄弟(信長の乳母が池田恒興の母)で、信長のそばで戦い続けました。信長に謀反を起こした荒木村重の花隈城をおとした後、兵庫城を造り城主におさまります。本能寺の変の後、織田家の行く末を決める清須会議にも参加し、秀吉側につきます。

秀吉が家康と戦った小牧・長久手の戦いでは遠く迂回して三河を攻める作戦に従事しますが家康に見破られ、戦死します。嫡男も戦死したため、家督は次男の池田輝政が継ぐことになります。そう、今に残る姫路城を造った池田輝政です。

さて池田恒興のお父さんだった池田恒利の屋敷跡ですが、何も残っておらず、ただ地名が小城町となっています。前田利家の城のすぐお隣さんだったんですねえ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です