前田城(安濃)

前田城

安濃城塞群の一つである前田城

南へ張り出した小山に築かれています。基本は単郭ですが、土塁が巡り虎口もありました。

城主は前田将監と伝わっていますが詳しいことはよく分かっていません。前田氏は長野氏の一族である草生氏の旗本だったようで、近くには草生城があります。藤堂藩の時代には庄屋となり藩主が鷹狩りをする時の休憩所として使われたとも伝わっています。

安濃には伽耶出身の大市氏と縁がある大市神社があり、また村主(すぐり)という地名も残っています。村主は古代の姓(かばね)の一つで、応神天皇の時代に阿知使主とともに日本に帰化した漢人が祖となります。安濃はもともと渡来人と関係が土地だったんですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です