星ケ崎城(近江)

星ケ崎城(近江)

中山道の鏡宿を見下ろす鏡山の北端の支峰に築かれているのが星ケ崎城。

伝承では室町時代中頃に鏡氏(佐々木源氏)によって築城された山城で、常に暮らしていた館が麓の井上館で、こちらは詰城の模様。承久の変で鏡氏が滅んでからは六角氏が城主となったようです。織田信長が足利義昭の上洛で近江に攻め入った時に、六角氏が十八の支城で侵攻を阻止しようと試みたうちの一つという説もあります。

城はよく整備されていて主郭には石垣が残っていました山城に石垣があるのは珍しく、六角氏の時代のものでしょう。また主郭には「星ケ丘城跡」という石碑や説明版までありました。こんな山城ばっかりだと、どこが主郭跡か藪の中を探し回らなくてすむので楽なんですが。

頂上からは眺めがよく琵琶湖や新幹線が一望できます。近江八幡城などもよく見えます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です