算定基礎届を提出

算定基礎届

日本年金機構から算定基礎届の提出についての書類が届いていました。

算定基礎届は社会保険料の計算に使われます。会社に勤務すると毎月、給与が支払われますが残業代などで変動します。そこで4月、5月、6月の給与を合計して平均を出したものをもとに標準報酬月額が決まります。

つまり4、5、6月の給与をもとに、その年の9月から翌年8月の社会保険料が決まります。給与には残業代、通勤費、各種手当などが含まれますから3~5月の残業が多いと社会保険料が高くなるといわれるのは、この算定基礎届に起因しています。

ウチは固定の役員報酬だけで、標準報酬月額の変更もないので何の問題もなく提出しておきました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です